多くの中学受験生は過度のストレスと戦っています。
受験という「合否」に向かい、日々の勉強が模試として数値としての結果となるのです。
そしてまだまだ中学受験生である小学生は子供です。
子供でありながら親や塾からの期待を背中に受けていることを実感し、落ちてしまったら周囲をがっかりさせてしまう、馬鹿にされるかもしれない、と深く考えてしまう子もいるのです。
大人でも数値として結果の出る世界に身を置いている人は強い精神力が必要で、心の病気を患う人の数が多い傾向があります。
そのため、中学受験生には一番近くにいる親が日々注意してメンタルケアを行う必要性は必須です。
メンタルケアの第一はストレスの兆候を見逃さないことからです。
爪を噛む、落ち着きがない、成績が急降下する、反抗的になる、など感じたら遊ぶ時間を作ったり、家族でお出かけしたり、子供がストレス発散できる環境を設定してあげる必要があります。
また、日々の生活の中で、良くない点を取ってしまったときに親が自分より落ち込んでいたりすると子供には強いプレッシャーとなります。
必要以上に「頑張れ」ということも、子供にとっては「頑張っていないのかな」とストレスになりますので、子供を信じて何でも受け止めます、という姿勢で見守ってあげることが大事です。