中学受験をしようとしている子供は多いですが、すべての子どもが成功体験を味わえるというものでもありません。
じつは中学受験はとても過酷な戦いなので、その中で精神的に病んでしまったり、そこまでには至らなくて、挫折してしまう生徒もいます。
なぜそんなことになるかといえば、中学受験の勉強があまりにも過酷だったり、いつも成績重視になっているために、成績が振るわないことで自暴自棄になったり、ノイローゼになってしまう生徒もいるのです。
どうしても勉強をしても成績が上がらない時期というのはあります。
また、苦手な分野や科目があってもそこを克服しないと、次の段階にはいけないので、嫌になってしまったりすることもあります。
あるいは、家庭でも他の人との比較をされたり、どうして自分はこんなにできないのかと自信を失ってしまうことが原因でどんどん、精神的に不安的になるのです。
こうなる前に、まずは塾の先生や家庭でメンタルケアをしなければなりません。
中学受験は、他人との競争ではないということと、成績に一喜一憂することなく淡々と勉強をし続けることが大切なことなのだと、しっかり確認していくことが大事です。
中学受験はメンタルケアをしっかりしていかないといけないのです。