中学受験生へのメンタルケアは、合否を分けるといっても過言ではないぐらい重要なポイントの1つとなっています。
特に伸び悩みの時期にいる子どもにとっては些細な親や周囲の人の言葉が心の傷になってしまう可能性も否定できません。
また、中学受験の対策に追われてメンタルケアは二の次になってしまうご家庭もあります。
中学受験というのは全ての人が経験をするわけではないため、公立の小学校に通っている子には横で遊んでいる同級生が羨ましくなってしまったりすることもあるでしょう。
遊びたくても勉強しなければならないというのはとても辛い状況ですし、そこに伸び悩んでいる成績を目の前に出されると逃げ出したくなる気持ちも理解できるのではないでしょうか。
そのような伸び悩んでいる時には、具体的にどこができるようになったね、この単元が理解できているからこの問題が解けたんだね、毎日頑張っているねなど肯定的な言葉をかけてあげることが大事になってきます。
ただ単に褒めるだけでは、小学生といえど心に響かない子も多くなってきますし、反抗期が早く訪れている子にとっては素直に喜ぶということができない子もいます。
また、頑張ろう!という言葉は一見ポジティブに聞こえますが、もう今までだって頑張ってる!と感じる子もいるので注意が必要です。