受験勉強は簡単なものではありません。
期間も長く、勉強を頑張っても成績が伸びないときもあります。
そんなときに勉強するように親に叱られてばかりだと、勉強をするやる気を失ってしまいます。
そればかりか、自己嫌悪に陥ってしまう受験生もいます。
中学受験をするのはまだ小学生が多く、なかなか自分でメンタルケアがうまくできません。
親の行動が、一方的なものではなく、本当に本人の勉強へのやる気や自信へと繋がっているかきちんと判断することが大切です。
また、子どもの話も聞き、時には愚痴も吐かしてあげることで、より勉強に集中できるようになります。
親のメンタルケアも大切です。
成績を上げようと親が必死になりすぎたり、親もやりたいことを我慢したりして、ストレスがたまることもあるかもしれません。
けれども、親がこのような状態では、落ち着いて受験勉強に取り組むことができません。
中学受験だからといって特別な生活にせず、普段通りの生活を心掛けることが大切です。
中学受験は、子どもの人生に大きな影響を与えます。
合否に限らず、その後の勉強への姿勢や親子の人間関係などに影響します。
受験が悪影響にならないようにも、受験生だけでなく家族のメンタルケアが必要です。