中学受験を目指す子どもは時として強いストレス環境にさらされています。
模試や実力テストをするごとに数字として示される結果、受験合格という大きな目標を掲げ、落ちたらどうしよう、成績が下がったら肩身が狭い、などなど深く考えてしまいます。
しかし中学受験を通して得るものは大きいです。
良い環境の元で長い学生時代を送れる、先々は付属校に上がれるといったことはもちろんですが、それ以外に、目標に向かい努力し達成することを身をもって体感できます。
社会に出れば目標到達の重要性、そのための努力の必然性を嫌というほど実感します。
それを子どものうちから体験できる中学受験をすることにより、その子の人生で得るものは大きいのではないでしょうか。
ただし、中学受験は子どもにとって精神的にも体力的にも厳しい環境での準備期間を要します。
そのため、一番近くで見ている親はストレスによる異変を感じたらすぐにメンタルケアを考える必要があります。
急激な成績の効果や集中力の欠如、無意識に爪を噛んでいる、反抗的な態度をとる、などの兆候を見られたら、思い切って遊ぶ時間を増やしてあげたりリフレッシュできるメンタルケアをして、親子一丸となり受験に取り組む必要があります。